復縁したいなら、別れたことを受け入れる

別れたとはいえ一度は付き合ったほどの親密な関係。たまに再会したときなど、ついつい付き合ってた頃のように馴れ馴れしく接してしまいがちです。

 

復縁を願っているのであれば、別れた彼女に対してやたらと馴れ馴れしいのは、逆効果だと思います。彼女からしてみれば、

 

”別れたのになんでこんなに馴れ馴れしいの?”

 

と感じているはずです。そして、彼女はこう考えるはずです。

 

”この人、まだ私に未練があるんだ…”

 

彼女にこう思われてしまったら、彼女はあなたの事を警戒します。最悪2人で会う事が出来なくなるかもしれません。

 

だから、まずは別れを受け入れて、一人の友人として適切な距離を保ちましょう。人と人との関係に距離感はとても大切です。目上の人には目上の人に合った対応が必要ですし、親には親、友達には友達、恋人には恋人の適切な距離感があります。

 

一度離れてしまった関係なのですから、その関係にあった距離感からスタートさせましょう。その位置から、あせらず、ゆっくり距離を縮めていけばいいんです。

 

とはいえ、バカ丁寧に敬語を使う必要もありません。あくまでも付き合う以前の距離感と対応を心がけるといいと思います。

 

また、”別れを受け入れる”ということは、相手の”別れたい”という願望を受け入れてあげた事になります。つまり、彼女の願いを聞いてあげたんです。

 

逆に別れた後も馴れ馴れしいということは、”別れを受け入れていない”状態になります。ということは、相手の”別れたい”という願いを退けてしまっている状態です。これでは彼女はまた不満を抱えてしまうと思いませんか?

 

”また私の言うこと聞いてくれないんだ。やっぱり変わってない…”

 

なんて、嫌われてしまっても仕方ありません。

 

こういった意味でも、一度はしっかり別れを受け入れ、まずは友達としての関係を強固して行くことが復縁の第一歩なんだと思うんです。

 

いろんな事情で別れてしまったのでしょうから、みんながこのケースに当てはまるとは思いませんが、もし気になったら気を付けてみてください。

 

 

今の彼女と復縁したとき、僕がもっとも参考にした教材です。個人的にはこれがなかったら、やり直すことはできなかったと断言できるほどの教材だと思っています。決して安くはありませんが、僕を救ってくれた大切なものですのでよろしければどうぞ。

>>男性版復縁マニュアル<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ